未分類

皆さんは菊芋 知ってますか?

投稿日:

毎朝日課となっている犬の散歩のときに見つけた花の話です。田んぼの土手にずいぶん背丈の高い野草が咲いており、何だろうと思って近づいたら「菊芋(きくいも)」の花でした。芋という名前がついており、食品として食べられるのですが、スーパーなどではあまり販売されてないのでちょっとマイナーな存在です。

菊芋はデンプンの代わりにイヌリンという多糖質を多量に含んでおり、栄養価が高く、腸で分解されない特徴があるため血糖値を上げない機能性食品として最近注目されています。この話を聞いた私は4,5年前に自宅の畑で菊芋の栽培をしたことがあり、あまりに増えすぎて扱いに困ったため翌年には育てるのを止めてしまいました。


2~3mの高さになる菊芋の花


放射状に咲く菊芋の花


菊芋は生姜にそっくり(11月に収穫)


生でも炒め物でもOK

菊芋は11月頃になると根っこの部分に生姜のようなものが出来、これを食べるのです。カットすると中身は真っ白で、味もこれといってありません。食べるとシャキシャキした食感が特徴です。生でも煮たり焼いたりしても食べられます。

2シーズン位、栽培したものをスライスしてサラダなどで食べていましたが、途中で面倒になったので食べるのも止めてしまいました。生姜より表面がごつごつしており、くぼみを歯ブラシなどでよく磨かないとたまった泥が落とせません。面倒なので皮をむいて食べていたのですが、イヌリンの一番の栄養分が皮と身の間にあるそうで皮をむいてしまったのでは栄養価は半減してしまうとの話を聞きました。

性格的に私に向いてない野菜でしたが、栄養豊富なのは確かなので皆さんもチャンスがあったら一度食べてみてはいかがでしょうか?

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東武鉄道SL「大樹(たいじゅ)」を見てきました

石那田の紅葉スポットが旬を迎えました

第3回篠井の写真まつり募集開始(2019/6/26-2019/12/25)

11/6はアレクサ(Alexa)の誕生日でした

篠井地区情報紙「しのい」(92号)が発行されました(2021.7.27)