未分類

岡坪のミニチュア角松が評判になっています

投稿日:

岡坪の半田國夫さんは農業を営む一方で、趣味で角松作りもやられており、その完成度の高さで評判をよんでいます。木片を組み合わせた器を作り、ポットを配置したら、中に竹や松や南天等の枝を組み込んでミニチュア角松にします。奥様が角松のアレンジメントを担当し、室内に飾るようなオブジェに仕上げていきます。主に知人やお世話になった人、近所の人に譲っているそうです。
(ミニチュア角松)


完成品の角松


奥様がアレンジメントを担当


木の器の形状もいろいろ


これは自宅用だと言っていた

私はこのミニチュア角松を半田國夫さん宅で今日初めて見たのですが、細かい要望にも応じてくれるという。
(要望例)
1.笑った角松
・・・角松のカット断面の中央に節が来るようにすると、節の湾曲部分があたかも笑っているように見える。
2.竹のカット断面の上端を直線的にカットして欲しい、とか。
1枚目の写真がそうなっています。(写真右が笑った角松、左がカット上端が直線的)

居間に飾るにはもってこいの大きさです。(ほれぼれします)興味を持たれた方は問い合わせてみてはいかがでしょうか?

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第5回篠井の写真まつりに応募してみました

上篠井の枝垂れ桜が満開です(2022.4.10)

第4回篠井の写真まつりの入選作が決まりました

日光と宇都宮の二荒山神社の謎を解く

宇都宮市からロゴの使用許可を頂きました