未分類

犬の散歩のときに見つけた花のこと

投稿日:

最近早起きして犬の散歩に出かけています。散歩道は大体決まっていて、自宅近くの田んぼ脇の農道を30分くらい歩きます。いつも林の脇道を通る区間があるのですが、すごく甘~いにおいがしてきます。何ヵ所かそういう場所があり、きまって下の写真のような白と黄色い花が咲いていて、そこが匂いのもとになっているのです。木につるが絡まって、つるの先に白と黄色の花が咲くのです。皆さんは何ていう花か知ってますか?私はついこの間まで知りませんでした。


この花から甘い匂いが漂ってくる


色と黄色い花が咲いている

名前は知りませんでしたが、その昔、小学生だった頃(もう50年も前の話です)、花の根元に甘い蜜があると聞いて、花をチューチューすすっていたことを思い出しました。

いつも気になっていたので今日、ネットで調べてみると「スイカズラ」という名前が載っていました。説明によれば「カズラ」は漢字で葛(くず)と書き、つる性の植物全般を言うそうです。興味深かったのは「スイ」の名前の由来で「吸い」から来ているそうです。花の根元に蜜があり、昔はそれを吸っていたから「吸いカズラ」なのだという説明でした。(やっぱり昔の子供はすすっていたのですね!?)

1年を通して散歩をしていると植物のにおいなどで季節の変わり目を感じることが結構あります。6月頃だとクチナシの花が結構強烈なにおいを出すので匂いを嗅ぐと「ああ、そういう時期になったんだなあ」と感じます。(キンモクセイのにおいをかぐと秋を感じるようなものです)皆さんは匂いで季節を感じることはありますか?

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第3回篠井写真まつりに応募してみました

篠井地区情報紙「しのい」84号が発行されました(2018.10)

石那田八坂神社フォトコンテスト審査の件

ブラタモリで大谷が紹介されるのは9/22(土)の放送予定です

道路補修が実施されました