未分類

群馬県で冬桜を見てきました

投稿日:2019年11月30日 更新日:

皆さんは冬に咲く冬桜というのをご存じでしょうか?11月下旬に冬桜を見に行ってきましたのでご紹介します。場所は群馬県藤岡市鬼石(おにし)にある桜山公園という所です。(埼玉と群馬の県境にあります)ここは小高い山の上にある公園で桜が7000本ほど植えられており、冬桜の名所として有名な場所です。桜はたいてい3月から4月にかけて咲きますが、寒さが厳しい2月などに咲く河津桜等は寒桜と言われますが、ここの桜は11月から12月にかけて咲き、寒桜と区別するために冬桜と呼ばれています。

驚くことにここの冬桜は冬に咲くだけでなく、春にも咲くのです。ただ、同じつぼみが2度咲くわけではなく、冬になるとつぼみが膨らんで、そのうちの一部が冬に咲き、冬咲かなかったつぼみが越冬して春に咲くのだそうです。ここの冬桜は11月中旬に徐々に咲き始め、20日~1ケ月近く咲いています。花の形はソメイヨシノのような豪華な花びらではなく、遠くから見ると梅の花のような小さくて可憐なイメージです。


山の歩道の両脇に植えられた冬桜


梅の花に似た可憐な冬桜の花びら


紅葉をバックにした冬桜


桜の木は小ぶりのものが多い

11月下旬ごろが冬桜の見ごろと言われており、ちょうどこの頃は紅葉が最盛期を迎えるので紅葉の赤と桜の白のコントラストがなんとも奇麗です。初めて見に行ったのは今から10年くらい前ですが、紅葉をバックに桜が咲いている光景は何とも不思議な感じがしました。

(みかんにも驚き)
桜山公園は結構高度が高いのでこの時期は肌寒いのですが、なんとそんな環境の元、山の南斜面にミカン畑が広がっており、ミカン狩りができることでも有名なのです。群馬県でミカン狩り!?、そんなわけないだろうと思って山のふもとに行ったのですが、ミカンを栽培している農家が何軒もあり、ちょっとびっくりしました。せっかくなので1人500円を払ってミカン狩りをしてきました。味はちょっと酸っぱめのミカンが多いような気がしましたが、子供を連れてミカン狩りを楽しむにはいい場所ではないかと思います。聞けば平成7年に地元の農家3軒がミカン栽培に取り組みその後、徐々に増えていったという話をミカン園の係りの人から聞きました。(平成7年だから今から24年前。そんな昔からミカン園をやっていたわけではないのですね。)


山の南側斜面に広がるミカン畑


ハサミで切って袋につめる

(峠の釜めしにも驚き)
高崎を通って帰ることにしたので、途中高崎駅に寄り、荻野屋の峠の釜めしを買いました。驚いたことに陶器の釜以外にもエコパックという紙製の容器に入った釜めしも売られており、試しに買ってみました。(中身は一緒ですが、値段は容器が陶器でも紙でも同じ1080円)ただ、紙製容器は持って食べるときにつるつる滑って保持しにくく、今一つの感じがしました。


紙製のエコパック容器


陶器製の容器(従来製品、益子焼)

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

篠井インターの利用状況

ゴミの放棄で困っています

会社の名前の由来を知ってビックリした話

ブラタモリ大谷編9月放送予定の噂が流れています

竹で作った鬼おろしのご紹介

  • 34855総訪問者数:
  • 141今日の訪問者数:
  • 113昨日の訪問者数:
  • 694先週の訪問者数: