未分類

大修理を終えた陽明門を見てきました

投稿日:2017年4月23日 更新日:

4年にわたる平成の大修理を終えた東照宮陽明門が平成29年3月10日から一般公開されました。当日の下野新聞1面に鮮やかによみがえった陽明門の写真が大写しに出ておりいつか見に行ってこようと思っていました。石那田献穀講員証を氏子の人からもらったのでこれを利用して今回行くことにしました。

行ったのは4月22日(土)。東照宮を無料で見学するには社務所に行って石那田献穀講員証を提示して専用の無料拝観券をもらう必要があります。(帰るときはこの券は返却する)最初、社務所がどこにあるのかわからずウロウロしましたが、奥まった場所にひっそりとありました。

修理を終えた陽明門と三猿を中心に見て回りましたが、陽明門の柱が真っ白なのでちょっと想像していたのとは違った印象を受けました。(以前もこんな真っ白だったのでしょうか?違った色のような気がします。)

(陽明門正面)

(陽明門の裏側から)

(陽明門の側面の柱と獅子)

(三猿)

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

篠井地区の敬老会は9/9(日)です

篠井金山のパネルが完成しました

どんど焼きの思い出

グーグル・ストリートビュー撮影車に遭遇しました

篠井地区情報紙「しのい」84号が発行されました(2018.10)

  • 38794総訪問者数:
  • 45今日の訪問者数:
  • 61昨日の訪問者数:
  • 449先週の訪問者数: