未分類

石那田の梅が咲きました(2022.3.19)

投稿日:2022年3月19日 更新日:

3月になり次第に春めいてきましたが、3月下旬のこの頃になると春が遅い篠井地区でも梅が咲きだします。家の近くに宇都宮市指定文化財になっている「石那田の梅」があるので写真を撮ってきました。(場所は仲根地区にある猪倉街道沿いの鉄工所さんの所を50m位下ったところです。)

この梅は個人の住宅の庭に生えているのでお声がけして写真を撮らせて頂きました。樹齢数百年といわれる古木(巨木)で、枝が根元部分から5方向にそれぞれ伸びていいます。ちょうど今が満開の状態でした。


正面から撮ったところ


斜めから撮ったところ

昨年(2021年)10月から篠井地区の文化財調査員をやっており、3ヶ月に一度、篠井地区の文化財の現況をチェックしていますが、文化財本体とともに説明看板の状態チェックも行っています。石那田の梅の説明看板が経年変化で文字がかすれて見えなくなっており、前任の調査員の方が市の方に更新の申請をされており、ようやく今年2月に看板が新しくなりました。真新しいアクリル板の白さが古木を背景にとても際立っていました。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

上篠井の枝垂れ桜が満開です(2022.4.10)

敬老会の記念品を配りました

2017年篠井の秋まつり・文化祭開催のお知らせ

篠井地区情報紙「しのい」(93号)が発行されました(2021.10.30)

2017/4/25(火)通目鬼橋(づうめきばし)が開通