未分類

アベノマスクが届きません

投稿日:

先日、緊急事態宣言も全国的に解除され、新型コロナも徐々に落ち着いてきた感じですが、アベノマスクがまだ岡坪には届きません。私が勤めている会社では宇都宮市内中心部から通っている人が多いのですが、ほとんどの人が受け取っていないという状況です。一体、いつになったら届くのでしょうか?(下野新聞読むと結構市内中心部では配達が始まっているという記事がよく出ていますが・・・)

そんなことを思っていたら昨日シャープのマスクが届きました。(家族が応募して当選しました)1箱50枚入りで2980円(税別)消費税、送料を入れると全部で3900円位になります。支払いはキャッシュカードのみで銀行振り込みや代引きなどは選べません。

今迄はマスクは別に国産でなくてもよいと思っていましたが、コロナ禍で市場からマスクが消えてしまうと値段は高くても国産のありがたみを感じます。これはマスクに限らず農作物などの食品などにも言えることで、安けりゃ何でもいいという経済至上主義も見直しの時期に来ているのではないかと思っています。

最近はだんだん熱くなってきたので日中マスクしていると息苦しい時も出てきました。一体いつまでマスクを着用しなければならないのか見通しがつきませんが、本格的な夏になったらユニクロあたりからひんやりした素材のマスクが出てくることを期待しています。

(シャープのマスク)


シャープのマスクのパッケージ


不織布製のマスク(50枚入り)


右下にはSHARPのロゴが入っている


パッケージの裏面

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仙台の東照宮に行ってきました

会社の名前の由来を知ってビックリした話

福島にドライブその2(リンゴ販売機)

石那田の「なす盛り」(なすび講)

大谷資料館に行ってきました(4/29日)