未分類

釜の蓋まんじゅうを食べました

投稿日:

朝起きたら母が「8/1は釜の蓋(ふた)だから炭酸まんじゅうを作ったよ」と大量に作ったまんじゅうを持ってきてくれた。子供の頃から8/1にまんじゅうを食べていたが、どういういわれなのか今ひとつ分からない。「8/1に地獄の釜の蓋が開いて、ご先祖様がお盆に向けてやってくる」と説明は聞いていたのだが、これも腑に落ちない。これではご先祖様は皆、地獄にいることになってしまう。誰か納得のいく説明をしてもらいたいものだと感じている。


8/1釜の蓋の日に炭酸まんじゅうを食べた

いわれが分からないのでネットで調べるとどのサイトにもこれは那須などの県北の地域で伝わっている風習だと書いてあった。「本当なのか!?」宇都宮では無い習慣なのだろうか?どの辺が分岐点なのか知りたくなった。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

石那田の「なす盛り」(なすび講)

大谷の続編です(ベーカリーが新規オープンしました)

岡坪の不動尊甘酒祭りのお知らせ

御朱印をもらいに神社に行く

ゴミステーションのトラブル

  • 18947総訪問者数:
  • 31今日の訪問者数:
  • 51昨日の訪問者数:
  • 392先週の訪問者数: