未分類

釜の蓋まんじゅうを食べました

投稿日:2018年8月1日 更新日:

朝起きたら母が「8/1は釜の蓋(ふた)だから炭酸まんじゅうを作ったよ」と大量に作ったまんじゅうを持ってきてくれた。子供の頃から8/1に炭酸まんじゅうを食べていたが、どういういわれなのか今ひとつ分からない。

「8/1に地獄の釜の蓋が開いて、ご先祖様がお盆に向けてやってくる」と説明は聞いていたのだが、これも腑に落ちない。これではご先祖様は皆、地獄にいることになってしまう。誰か納得のいく説明をしてもらいたいものだと感じている。


8/1釜の蓋の日に炭酸まんじゅうを食べた

いわれが分からないのでネットで調べるとどのサイトにもこれは那須などの県北の地域で伝わっている風習だと書いてあった。「本当なのか!?」宇都宮では無い習慣なのだろうか?どの辺が分岐点なのか知りたくなった。

-未分類

執筆者:


  1. fujikura🐱 より:

    こんにちは☺
    その地区で生まれ育った者です
    私も釜蓋のまんじゅう作って
    食べましたよ
    お嫁に行った先でも 習慣で
    毎年 8月1日に作っちゃいます(^-^;
    栃木県県北の風習とは知りませんでした

    • shnd1 より:

      コメントありがとうございます。嫁ぎ先でもどんどん釜蓋まんじゅうを作って県北の風習を広めて下さい。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

直木賞受賞の門井慶喜さんの講演を聴いて来ました

石那田高龗(たかお)神社は2019年初詣に開運絵馬を配ります

ブラタモリで大谷が紹介されるのは9/22(土)の放送予定です

八坂神社フォトコンテストのお知らせ

篠井出身の脚本家が制作した映画「障子張りの夜」の試写会がありました

  • 30245総訪問者数:
  • 25今日の訪問者数:
  • 62昨日の訪問者数:
  • 521先週の訪問者数: