未分類

菊芋掘りをやりました

投稿日:

今日は自宅の庭に自生している菊芋を掘ってみました。菊芋は野菜の一種で、キク科の作物なのですが、あまり市場に出回ってないので知らない方も多いと思います。以前にこのブログでも紹介しているのでご存じない方はそちらをまずご覧ください。

菊芋はショウガのような形をしており、栄養価が高く、芋なのに消化されても糖にならないという特徴があり、健康食品として注目されています。以前は通販で農家から購入していたのですが、繁殖力旺盛で自分でも簡単に育てられるので数年前から畑に植えて育てていました。


秋に咲く菊芋の花

しかし、あまりにも増えすぎてとても食べきれないので一旦、作るのはやめたのですが、地中に残った菊芋が芽を出して庭や畑の至る所から勝手に生えるようになってきました。今日は庭に生えている菊芋を掘り出して、いろいろな料理にアレンジして食べてみようと思います。

今回は菊芋を生のまま千切りにしてサラダで食べる予定です。毎日1,2個食べても数ヶ月はもつくらい大量に収穫できました。はっきり言って生で菊芋を食べても美味しくないです。菊芋はそれ自体味がないので炒め物などに混ぜて食べる方が美味しく食べられます。しかし、健康のためしばらくは生のまま食べることにします。

(菊芋サラダを作ってみました)


菊芋の茎が枯れた状態


掘り起こすと根の部分に芋がたくさん


地中から現れた菊芋の山


ごつごつした形状が特徴


洗うと見かけは生姜そっくり


カットすると中身は真っ白


千切りにします


サラダに添えて生で食べます

以前は皮をむいて食べていたのですが、皮と身の間に一番の栄養素(イヌリン)が含まれていると聞いたので、それ以降は皮つきのまま食べています。菊芋は無味無臭ですが、生で食べるとしゃきしゃきした食感が特徴です。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高龗(たかお)神社の初詣で絵馬を無料で配ります(2018年)

エンジュ(槐)の木のコースター、使ってみませんか?

会社の名前の由来を知ってビックリした話

東照宮へ行ってきました(その2)

2019年篠井うどんまつりは3/10(日)開催です(開催済み)

  • 30246総訪問者数:
  • 26今日の訪問者数:
  • 62昨日の訪問者数:
  • 522先週の訪問者数: