石那田城跡(石那田館)

戦国時代の宇都宮藩の支城と言われている。平城の構造であったため石那田館とも言われている。
文献に城主として小池内蔵助の名前が見える。田川と赤堀川に挟まれた高台に位置しており、敵が攻撃しにくい要害の地に作られた。
現在は城跡の北側1/3位のところを日光宇都宮道路が通っており、かなりの部分が削り取られてしまった。往時の面影は城跡の周りに残る土塁程度になっている。


1.現在の城跡(写真左が日光宇都宮道路)


2.わずかに残る土塁


3.土塁(その2)

(アクセス)日光街道より約700m

投稿日:2017年4月9日 更新日:

執筆者:

  • 19264総訪問者数:
  • 44今日の訪問者数:
  • 38昨日の訪問者数:
  • 399先週の訪問者数: