高龗(たかお)神社

高龗(たかお)神社の「お」の漢字は以下のように雨+口3つ+龍 という3つの部分から出来ています。この「お」という漢字の部分が神社の成り立ちや性格を表しています。

龍は雨の神様の龍神を意味しており、降雨祈願・止雨などをつかさどるとされています。田んぼや畑に必要な雨を降らせるとされており農業の神様として崇められています。篠井地区にも高お神社が岡坪を含め3か所あります。栃木県には100以上の高お神社があるそうです。
近くで有名なのは大室(日光市)の高お神社でしょうか。この神社の「お」は雨へん+龍という字で出来ています。岡坪の「口×3ケ」は省略されています。

補足:「お」の部分は標準漢字には無いのでパソコン、スマホで文字化けする可能性が高いのでここではあえて平仮名の「お」を使っています。

この鳥居は2011年3月11日の東日本大震災でひびが入り、傾いてしまった。地元民から寄付を募り、コンクリートブロックで補強された鳥居になった。

 

投稿日:2017年4月22日 更新日:

執筆者:

  • 25826総訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 66昨日の訪問者数:
  • 505先週の訪問者数: