未分類

篠井に週末カフェ「しのい フルティオ」がオープンしました(2022/8月)

投稿日:2022年10月2日 更新日:

篠井地区に週末だけ営業するカフェがオープンしました。(営業時間:土、日 11:00~16:00)名前はSHINOI Frutteto(しのい フルティオ)で、場所は篠井小学校体育館横の道を100m位下ったところにあります。(営業している時はのぼり旗が出ているのですぐ分かります。)地元の人には沼尾順市さんのお宅と言えば分かるでしょうか。

ガレージを改装してカフェにしたような作りで、カフェだけでなく農産物やバッグなどの小物手芸製品なども店内で販売しています。(店名のFrutteto:フルティオはフランス語で「果樹園」の意味だそうです。沼尾さんの名刺をもらったら「しのい果実園」になっていました。)


ガレージを改装して作ったカフェ(正面から)


左側面にある入り口


メニュー案内板


屋外にあるテラス席


店内の様子(キッチンカーが厨房代わり)


アイスコーヒーとデザート盛り合わせを注文


コメをはじめとした農産物も販売中


栗かぼちゃも販売されていた


小物類や手芸製品なども販売中


小物類は近所のニュータウンの人が作ったそうです

店の運営は沼尾順市さんの二女とご主人、三女の3人で切り盛りされているそうです。篠井地区にはちょっとお茶したいときに適当な場所が無いのでカフェを作って地域の人が気軽に集まれる場所にしたいという思いをお聞きしました。

今年(2022年)のお盆過ぎにオープンされたそうで、店外にはテラス席も設けられ、そこでお茶を楽しむことも出来ます。カフェ店舗もテラス席もカフェの運営メンバーで作り上げたそうで、手作り感満載で暖かみがあります。

訪問した時は暑かったのでアイスコーヒー(300円)とデザート盛り合わせ(350円)を注文しました。コーヒーは注文後に豆を挽くのがこのお店のこだわりで、とてもすっきりとした味わいでした。その他に焼きそば(250円)、お赤飯(200円)等も販売されています。

また店内には軽トラを改造したキッチンカーが置かれており、ここでコーヒーをいれたり作業をしています。「キッチンカーで移動販売もするのですか」と聞いたら、「今はやりません。ずっとここに置いてあります」との事でした。

他にはないユニークな形態のカフェなので是非皆さんも行ってみてはどうでしょうか。(私は、沼尾さん宅の近くにある精米所にたまに来ており、カフェののぼり旗を見かけて何だろうと前々から思っていたので今日初めてうかがった次第です。)

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リンゴの花が満開です

皆さんは菊芋 知ってますか?

かま〆(じめ)を頂いてきました

2018年3月11日(日)第25回篠井うどんまつりが開催されます(開催済み)

足利フラワーパークに行ってきました