未分類

釜の蓋(ふた)の饅頭を食べました(2020.8.1)

投稿日:

今日は8月1日で釜の蓋の日です。閻魔大王の指示で地獄の釜の蓋が開き、ご先祖様が13日かけてお盆を目指して出発する日と言われています。これに合わせて炭酸饅頭を作りご先祖様にお供えするというものです。今年も母が大量に炭酸饅頭を作りました。ここで言う「地獄」というのは悪人が死後に行くとされる場所でなく、現世の反対の意味の死後の世界と捉えた方がすっきりします。

釜の蓋はもともと栃木県北部の風習らしいですが、全国的に流行ったら面白いかなと思っています。製パン最大手の山崎パンがこの日に合わせて大量に炭酸饅頭を製造し、コンビニのレジの隣あたりに大量に陳列されているので毎年少しずつ認知度は高まってきているのかなとは思っています。(宇都宮の私の職場では「釜の蓋」と言っても「何だそれ?」と言われ、今のところ全く認知度がありませんが)


釜の蓋の炭酸饅頭

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017/4/25(火)通目鬼橋(づうめきばし)が開通

上篠井のしだれ桜(2019年春)

敬老会の記念品を配りました

古本の買取金額は1冊平均37円でした

田川沿いの基盤整備工事が始まりました