未分類

ろまんちっく村のドッグランに初めて行ってきました

投稿日:2020年1月12日 更新日:

昨年4月からメスの柴犬を飼い始めたのですが、今日初めてドッグランに行ってきました。最初は近場がいいと思い、ろまんちっく村に行きました。ろまんちっく村のドッグランは施設の一番奥まった場所にあります。(レンタル農場のちょっと先)使用料は無料で、本部で受付をするようになっています。(野菜など売っている施設内にあります)

ここのドッグランは大型犬用と中型犬用のものがあり、大型犬用は結構何人もいて賑わっていました。(小型犬用のドッグランは本部事務所近くに別のところにあります)うちの柴犬は7Kgちょっとの中型犬ですが、中型犬用のドッグランはたまたま誰も使っておらず、しばらくの間は貸し切り状態で使うことが出来ました。ほかの犬と喧嘩したらどうしようかと思っていたのですが、その心配もなく思いっきり駆け回っていました。あまりに元気がいいのでちょっとびっくりしたほどです。


ドッグラン敷地全景(手前が大型犬用)


うちのハナちゃんもドッグランデビュー


金網越しに大型犬(ボルゾイ)とご対面


うちの犬が走っていると大型犬(コリー)が寄ってきました

(余談)
ドッグランに行ったときにフリスビードッグ競技会なるものをやっており、せっかくのチャンスなので見てきました。これは飼い主がフリスビー(円盤)を投げ、犬が20~30m先でそれをくわえて戻ってくるという内容で、制限時間の中で何回フリスビーがキャッチできるかで得点を競うようになっています。


見事フリスビーを空中キャッチ!


落下地点を見定めてジャンプ!

しかし、この競技はすごいです。犬の身体能力の高さをまざまざと見せつけられました。空中に浮いているフリスビーをジャンプしてキャッチするのですが、フリスビーの落ちてくる場所を犬があらかじめ予測して、場所と高さを見計らってジャンプするのです。とても取れそうにないような状況でも見事にキャッチするのが多くてびっくりしました。

犬種としては中型犬が多かったような感じです。(小型犬ではあそこまで走れないだろうし、大型犬だとジャンプの俊敏さに欠けるのでしょうか?)ボーダーコリーのような賢い、中型犬が多かった印象です。うちの柴犬も少し訓練してみようかと感じました。

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブログを2年間やってみた感想

大谷の続編です(ベーカリーが新規オープンしました)

石那田のリンゴの販売が始まりました

神社にお酒をあげる時の「のし」の書き方

道路補修の件(途中経過)

  • 51664総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 64昨日の訪問者数:
  • 455先週の訪問者数: